私的伯林日記
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春の兆し | main | 春がやって来ました! >>
もう少しで桜の季節がやってきます

出張レッスンにうかがった折、小学校5年生の女の子が手作りクッキーをくれました。かわいい…!

 

 

 

しかも中に仕掛けがあるのです!

 


 

 

 

自分でアレンジしての作品だそう、すごいなあと感動しました!

作品はもう一つ、なんてかわいい!大切にいただきました!


 

どうやってこんなにかわいくラッピングしたのかな、いろいろな種類を作っていたよう。美味しくかわいくうれしいプレゼントでした!

 

 

 

 

課外ピアノレッスンにうかがっている幼稚園でも3学期最後のレッスンの日。卒園の年長さんから想い出のプレゼントをいただきました。



 

 

大切にいたします…!今年は3人の年長さんが卒園です。元気いっぱい、毎週しっかり考えてがんばって練習してくれていたね。たくさんのことを学んでくれた男の子。ピアノのことを大好きになってくれてレッスンに来てもすぐに「ピアノ弾くね!」とどんどん弾き始めてくれるようになった女の子。たくさんのお話を聞かせてくれて、そして私のお話もきちんと聞いてくれるようになりました。たくさんのことを感じ心の中にたくさんの宝物を持っている女の子!

 

お手紙もありがとう!うれしかったよ。思い出がいっぱいです。

 

 

年中さんから3年間通ってくれた女の子もレッスン卒業、毎週会えなくなるのは寂しいことだけれど、いつも応援しているよ!

またいつかどこかで会えるとうれしいね!

年長さんの時にレッスンに来てくれていたお兄ちゃんも時折、顔を見せてくれたこととてもうれしいことでした!

元気いっぱい、仲良しの二人。まっすぐ大きくなっていく姿がまぶしいです。



 

 

 

年長さんの女の子がくれた手作りビーズ、みんなのお手紙と一緒にお部屋に飾っているよ!大切にするね!



 

 

みんなのこと、心からいつも応援しています!これからも元気いっぱいでいろいろなことにチャレンジしてね!

そして音楽を楽しんでくれたら…とってもうれしいです!

 

 

宝塚にも春がやってきました。梅の花が満開!良い香りがしていました。



 

 

実家の父の庭にも春の花々が咲き始めました。







 

 

宝塚の桜はあと少し。つぼみが膨らんできています。

 






 

 

 

我が家のピアノ、ホフマンも半年ぶりの調律。また少しずつ鳴り始めているピアノ。成長して青年の姿を見せてくれているよう!

生きているのだなあ!と心から感じるピアノです。これからも共に歩んでいきたく思います。いつもながら素晴らしく調整していただけて、また大人になった相棒のことを頼もしく感じています。

 

 

「真実なる女性 クララ・シューマン」。戦前、昭和16年に出版されたこの本は原田光子さんという日本人女性の手によって書かれた本です。美しい文章で綴られた本。心を打ちます。クララとロベルトの物語をゆっくりじっくり読み進めています。



 

 

 

大切なレッスンのおさらい。今の自分に必要で、ひとつひとつ腑に落ち納得できるヒントをいただけることは本当に幸せです。



 

 

シューマンの魂に近づいていくことができますように…!積み重ねていきます。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://berlinnikki.jugem.cc/trackback/1128
TRACKBACK