Ein Tagebuch von Berlin

私的伯林日記
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< シャンティイ― ランチタイムコンサー | main | クララとロベルトの物語1 >>

ありがとうございました…!

ゴールデンウィークの最後の日曜日は神戸・須磨のフレンチレストラン「シャンティイ―」さんにてソプラノの和田秀美さんとご一緒させていただいたサロンコンサートの日でした。須磨駅から車で10分ほどだけれど、奥須磨公園とお向かいの場所に位置するお店は美しい新緑に囲まれた場所にありました。日常から離れゆったりした気持ちになります。

 

 

 

 

ログハウス風のお店の中からも美しい新緑がいっぱいに見えました。


 

 

ランチタイムの後、コンサートが始まりました。

前半はドイツリートのプログラム。シューマン、メンデルスゾーン、シューベルトの「ズライカ」をお届けしました。

 

 

 

 

シューマンのピアノソロ作品のあと、ベートーヴェンの「アデライーデ」をお聴きいただきました。

この日は「春風と乙女」…女性がテーマになった作品を集めてお届けしました。

 

デザートをお楽しみいただきながらの休憩の後はシューマンとメンデルスゾーンのピアノ曲から第2部がスタート。

そして日本歌曲。神戸出身の作曲家、貴志康一さんの歌曲をお楽しみいただきました。

 

 

 

 

最後に「すてきな春に」をお届けしました。新緑の季節の「春」、そして人生の「春」を楽しんでお過ごしくださいという和田さんの素敵なお話と一緒に…

 

 

 

 

作曲家や音楽にまつわるお話もお聴きいただきながら…音楽とお聴きくださる皆様を結ぶことができますように!

 

 

 

 

アンコールにシューベルトのアヴェ・マリアをドイツ語と日本語でお届けしました。音楽のひと時を一緒に幸せにお過ごしくださったお客様、音楽を心から楽しんでくださったことに大きな励みをいただきました…!

和田さんの伸びやかな音楽とお人柄がコンサートをお聴きくださったお客様との距離を縮めていかれるのを感じました。私もご一緒させていただいてたくさんの幸せをいただきました。

足を運んでくださり私たちの音楽に心を寄せてくださいましたこと、皆様に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

自家製パンと一緒にいただいた素材にこだわって作られたお料理。本当に美味しくいただきました!

 



 

 

デザートにいただいたババロアも身体に優しい心からほっとする甘さ。一脚ずつ違う素敵なカップで紅茶をいただきました。

 


 

 

和田さんからお花をいただきました。お友達が作られた作品と伺いました。春色の花束、大切に飾らせていただいています。

 


 

 

お心いただきましたお品も嬉しく…大切に楽しませていただきます!

 

 



 

 

手作りの桜餅。嬉しく本当に美味しく頂戴しました!ありがとうございます。


 

 

いただきましたお気持を糧にまたひとつひとつ進んでいきたく想います。本当にありがとうございました…!

そして…シューマンに引き続き大切に向き合っていきます!

 

 

音楽 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://berlinnikki.jugem.cc/trackback/1130
この記事に対するトラックバック