私的伯林日記
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 元町ミュージックウィーク〜ピアノトリオリサイタル | main | アマデウスサロンコンサート デュオリサイタル >>
よいお正月です
昨日は久しぶりに温かな日差し。本当に穏やかな元日でした。近所にある八幡様に初詣に行って御節を食べて…そんないつものお正月を過ごしています。しばらくじっと家にいることが少なかったこともあって、この三が日は家にいて家族とゆっくり過ごしたり自分の勉強をしたりして過ごそうと思っています。
…今日はそう言いながら(笑)家族と近くのコーヒー屋さんに出かけました。雰囲気のあるお店だなあと言いながら今日はじめて行ってみたのですが、広いガラス窓から石庭が見えたりして面白いお店でした。ブレンドコーヒーをいただきながらゆっくりとした時間を過ごしました…でも日常と離れたゆったりした空間という意味ではアマデウスのお店にはかなわないなあ、などと思ったりして…(笑)
お正月は我が家では箱根駅伝を見るのも恒例行事です。彗星のように現れて大活躍する若い選手たちや、悔しい思いを爆発させながらいっしんに走っている選手の姿などを見ているとすごいなあと単純に思ってしまうのです。今年も雨の中ひた走る選手を見てがんばれ…!と声援を送りました。
そして今日はメンデルスゾーンの勉強をしていました。ピアノに音がたくさんある曲だけれど、その音が何の役割をしているのかヴァイオリン、チェロの楽譜と照らし合わせながら考えています。合わせの時にベートーヴェンについてそのことをじっくり考えていました。ベートーヴェンの2番はあふれるアイディアを数少ない音で表現しようとしているのを感じて、それをどんな風に「1つの建物」として表現するかが難しくて…1つ意味のないことをすると崩れてしまうもろさをつないでつないで1つの形にしていくことを考えていたのでした。その過程で自分は全体の流れの中で何をしているのか、意味を見つける大切さを感じました。それが大きな収穫でした。「手をつなぐために」どう勉強していくか…ずっと考えてきたことですが、こうやって考えておくことは今のためだけでなくきっとこれからにも大きなヒントになることと思っています。
皆様はどのようなお正月を過ごしてらっしゃいますか?お正月の「また始まる!」という雰囲気がとても好きです。この1年どんなことが起こるのでしょうか。素晴らしい1年になりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://berlinnikki.jugem.cc/trackback/317
TRACKBACK
彗星彗星(すいせい、英語:Comet)は、太陽系にある氷や塵などでできた小天体のうち、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。尾が伸びる姿からほうきぼしとも呼ばれる。(「彗」とは「ほうき」のことである。
彗星 | 天体用語 | 2006/01/03 01:40